変容の足跡

2021/01/03 ブログ
logo

このプロジェクトに参加させて頂き、私の場合、2017年秋からなので、3年と4カ月が過ぎました。

始まりは、白いモクモクの煙。そして、神々しい輝く亀?  あーっ・・・

今、気づいた‼️

それは、玄武。四神相応の北方玄武。亀ですね。黒龍。五行では、水を著す。

その高貴な輝きから始まったのです。

うわっ。感動中。

そう言えば、白いもくもく煙の1カ月前、突然我が家に、大きな亀が表れ、購入したエサは、お召しされず、毎日、ミミズを取っていたのを思いだしました。亀は、脱走したのですが、後は追いませんでした。自然界であんなに大きく成長したのだから、と。

五行で、玄武は、黒。

上古時代の五色人。『黒人』に相応するのではないかと思っています。黒人は、アヌンナキであり、アヌンナキとは、人類創造者です。六甲も文字通り亀を著します。『言葉』をこの地球に下ろしたとも、言い伝えます。現に、兵庫県の六甲には、楢崎氏が研究された『カタカムナ』の文明がありました。カタカムナ文明は、世界最古の文字を石碑に綴り、今も尚現存します。

更に、『アシアトウアン』なる人物が存在し、『陰陽道』の始まりの教えや、技、『数秘術』や『60進法』を人々に伝授した祖がいらしたと、記述されています。その『アシアトウアン』の教えが、中国大陸に広まり、『アジア』になったと、中国西部の、ある文献には記されているようです。

しかし、残念なことに、日本の考古学研究者や学術研究者などには、他の多くの古文書の如し、『偽書』扱いになります。不思議な国です。まるで、文明が、日本から始まっては、いけないと、言われているようですね。

こうやって、隠蔽し、操作され、地球の歴史が、色づけされてきたのかと思うと、悔しくも感じます。

そんな中で、生きてきた人類。ろくなものには、ならないでしょう。

『うわべ』だけ、綺麗に飾った、薄っぺら人間が出来上がるのは、当然の結果でしょう。

おそらく、この『カタカムナ文明』をもって、『シュメール』の地に、日本から、一足早く『文化』を、大陸中央にもたらしたのだと思います。

『シュメール文明』より、先行した文明『モバイト』人が、文化があったのですから。

『シュメール』は、『スメル』=『皇』であり、『スーサ』です。その『スーサ』の王が『スーサの王』、『スサノオ』であり、『牛頭天王』であり、『エンリル』です。『エンリル』は、宇宙の王『アン』の息子。宇宙神になり、今は、地球神です。昔、アトランティスがあった頃、地球戦争があったらしく、腹違い兄の『エンキ』と戦ったと言われます。兄弟の戦い❓『ミカエル』対『ルシファー』みたいです。

宇宙は、地球がてきる、ずっと前より戦いの連続でした。宇宙は、統合する意識を求めてきたのです。

統合への意識の探究の実験をしてきたのかもしれません。

日本人とは、宇宙創造の始まりの神の遺伝子により、また、プレアデス、シリウス、ゼータ・リチクル星の遺伝子をも引き継ぐ、まさに、神の子。プレミア遺伝子です。ね。

情緒や感性、感覚、特に目で語り合う、空気を感じるとか、見えないものから五感、第六感を働かせ、感じる力が備わっています。

『感謝』ですよね。日本人として、肉体を持ち生きることへ。ちなみに、地球や日本への転生ツアーは、大人気らしく、皆さんも、長い列に並び、今の転生の機会を得たことでしょう。だからこそ、環境や自分が創り出した『負の創造』で、生きづらさを感じないで欲しいです。

と。

五行、四神相応の話、次回させて下さい。青龍、赤龍、白龍、黒龍、金龍。龍の気に守られて、龍の遺伝子をもつ地球人類。

龍の世界を楽しんで、進みましょう‼️