スサノオ 2編集アイコンで、クリップを固定、追加、削除します。

2021/04/05 ブログ
logo

地球の浄化をして下さっている、祓戸の神。地球の地底や地を担当されている神を、速佐須良比売と言うため、私は、須佐之男命だと思っていたのだが、ある動画の提供者によると、ラクシュミー。白龍大明神。月読命だと言う。なるほど、私は、地底だし、須佐之男命か、イザナミだと思ってきた。

そして、気吹戸主大神を、大物主だと思っていたが、その動画では、黒龍大明神。玄武。須佐之男命であると言う。確かに、イザナギの鼻から生まれ、呼吸と関係する、気吹だ。

人間の想像には、限界があるものだと、感じている次第…トホホ。

スサノオは、アメノミナカヌシ。

カグツチとして生まれ、生まれた際、イザナミに火傷を負わせ、イザナギに切られたと言う話もありますが、イザナギが切ったのは、荒御魂。和御魂は、スサノオとなり、出雲族長です。

シュメールの地で、スーサ国王の彼は、日本でも、王になる約束を交わし、アマ族日向族とそれぞれの帰路についた。

パミール高原を旅立ったらしい。

パミール高原を旅たった人物と言えば、弓月王、月読君もである。秦氏と共に。竹内文書には、スサノオの名称が記されていて、月読の名も、スサノオの名も天照の名も一連に書かれていた。偽書とされるが、案外真実かもしれない。古事記や日本書記編纂が、持統天皇の時代。藤原不比等ともされ、真実を隠すことで、時代の流れを護り、また、日本を護ってきたことにもなるのだ。

さて、スサノオが、日本に戻ると、九州日向では、大規模な都があり、スサノオを受け入れられない状況。約束が違うと出雲族。イザナギとイザナミにより、アマテラスをスサノオの嫁に。それで丸く納まり、エッ?! イザナミさん?

スサノオはイザナミさんから生まれたはず。でも、立派な大人として登場。

それに、アマテラスさんたら、既に結婚し、お子様も。それでも、時制の流れですかね、アマテラスさん。スサノオさんと結婚し、宗像三女神が、生まれたようで。めでたし、めでたし。

じゃあなくて、離婚されたアマテラスさんの元ご主人は、まもなく亡くなり、その兄弟たちが、途方にくれた。兄弟たちは、これまでの、権力や権威がなくなることを、困窮し、出雲族への結界を日本に張り巡らしたと言う。

26年も前に、出版されたアーリオーンメッセージによると、3が、日向族。4が、アマテラスの義理兄弟たちの数字。それに叡智を加えた数字が、5.

出雲族、スサノオが、8。

ニギハヤヒが、9。らしい。

つまり、日本の至る所に、出雲族を封印する結界を345で、張り巡らしたと言う。その、封印は、張り巡らせた、アマテラスの義理兄弟が、解く必要があるらしい。

凄い話である。日本内で起きてきた戦いは、この二つの、アマ族による権力抗争であったとも言う。

天孫降臨の天孫族が、日本の天皇家を継ぐ、シリウス。日向族。

ちなみに、皇后さまは、プレアデスから降臨される。

出雲族は、オリオンと聞いた。つまり、天孫族ではなく、天神となるらしい。

しかし、アメノミナカヌシ。祖神である。カグツチの荒御魂を切ることで、天神から天孫へとなったスサノオと考える。そして、スサノオが神武天皇となったとしたら、ロマン溢れます。

さて、アマテラスの前夫のアメノホシホミミ。おかしなことに、不思議説が。

実は、スサノオの父だった。エッ?! スサノオの父とアマテラス夫婦だったんかい!! とか、スサノオ自身。つまり、イザナギに、御霊を切って頂き、天孫降臨。とか、真実はわかりませんが、皇統から新時代への変遷の時。

宇宙源祖神が、始まりのカードを斬ったとして、何の不思議もありません。

ここから、本格的な人類、形態的にも現代に繋がる人類の始まりてはなかろうかと、感じてしまいます。宇宙根源の意識と分離し、輪廻転生におけるスパンが、短くなり(ニニギとイワナが姫)現在に続くものになったのではないかと思うのです。

アマテラスの義理の兄弟たちのその後は、追ってご報告させて頂きます。