アフガニスタン事情

2021/08/10 ブログ
logo

久しぶりに、ワイドショーを見た。

タリバン対アフガニスタン政府の実情を目にした。

この暑い炎天下、それも砂漠の上に、テントをはり、居住生活。水は、食料は、医療は⁉️ 女と子供たち。

男は、銃をもち、武装し、街の建物を銃撃し、破壊し尽くす。

アフガニスタン政府が、アメリカに従属しているから。かと言って、タリバンは、中国と手を組んでいる。そして、今や、アフガニスタンのほとんどが、タリバン勢力だ。さらに、アメリカは、手を引くらしい。

男たちが、銃を手にしていたら、この国は、破壊だけしか残らない。

大切なのは、生きること。

この闘いの犠牲になられた、日本から人道支援をされていた中村医師は、水や農業の大切さを伝えていた。そして、実践を通し、この土地の人々に愛を注いできた。

生きるためには、衣食住の安定が欠かせない。砂漠化は、この国の人々の欠乏が生み出した意識の象徴だ。

潤いある、大地を、一から築く意外に、人々の豊かさは、戻らない。

鉱物資源も豊からしい。が、鉱物資源の採掘は、砂漠化の拡大を呼んでしまう。今は、砂漠🌵化でも、生きる植物、すいか、トマト、豆類や芋、専門家の知恵や知識、技術など、世界が、この地域に、生きるための叡智を与える時である。

アメリカの徹底と共に、銃を下ろし、自分のため、家族のため、国のために、地球の大地を豊かにして頂きたい。

多くの人々の、平和と調和のエネルギーを、彼らに届けて下さい❗️