ユダヤ人の日本人

2022/01/11 ブログ
logo

『ユダヤ人の私』と言う映画があるようですが、

『ユダヤ人は日本人』をお話します。

日本人は、縄文人(神の遺伝子YAP D12b)と、弥生からの大和民族です。

大和とは、『ヤマト』。『ヤハウェの民』と言う意味です。

『ヤハウェ』とは、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の共通の神であり、実は日本神道の神も同じです。

京都には、祇園祭があり、シオン祭と同じです。まくや幕屋やアーク、限りなく多くの品々が、日本に伝わっています。

ヤタの鏡の裏には、16菊家紋とヘブライ文字?が書かれ、16菊家紋は、地球のさまざまな場所に記されています。

ヤタガラスと言い、日本には、末広がりの『八』が多く存在します。『八幡神社』も『ヤハウェ神社』です。

東京の八王子は、天照大神と須佐之男命の『うけい』で生まれた『宗像三女神』と5人の男神。合わせて8。

八は、八大龍王のイナンナでもあり、『八雲』の須佐之男命である。

伊勢神宮の元伊勢神社の『籠神社』は、日本で古い神社で有名だが、その神社に伝わる古史古伝の秘伝では、中国から海域を渡ってきた『徐福』は、須佐之男命であると言う。徐福は、2度に渡り、日本に渡り、1度目は、海部氏として、島や海岸にイスラエル南ユダの人々を連れてきた。この時に、ワダツミの神になる安曇族(中国三國志の呉の太白たち)とも統合したらしい。

2度目の徐福来日では、『物部氏』となる人々を連れて来たらしい。物部氏は、神道の走りであるから、おそらく、ユダヤの祭司のレビ族と思われる。しかし、徐福の場合、若い男女であったと言う。秘伝では、『ニギハヤヒ』を名乗ったと言う。と、言うと、アマテルではないか?と、勘ぐる。

徐福が、神武天皇と言う書も存在する。

中国統一の始まりは、秦の始皇帝である。実は、始皇帝は、『融通王』月読神である。

始皇帝は、北イスラエル部族=秦氏と、三種神器を持つレビ族と共に、大陸を渡りハングルで国を作りながら、日本へとやって来た。

北イスラエル部族には、エフライム族や帝の名の由来となるガド族がいた。

秦氏は、養蚕や庭園、家屋づくりに優れ、平安時代の美へと繋がる。秦氏は、藤原氏に。

南朝北イスラエル、北朝南ユダとの攻防が繰り広げられていく。

つまり、日本人とは、原初ユダヤ人。ヤハウェの民である。と、創造主の遺伝子縄文人の混じり。です。